新着案内

自社の経営状況を把握する指標)売上高増加率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。
中小企業診断士の三浦です。

経営力向上計画では、自社の経営状況を把握する指標として次の6指標をあげています。
1.売上高増加率
2.営業利益率
3.労働生産性
4.EBITDA有利子負債倍率
5.営業運転資本回転期間
6.自己資本比率

労働生産性については8/25にお話ししましたね。
その他の指標についても順次開設を進めたいと思います。

まずは1.売上高増加率ですね。
これは前期から当期に渡り、どれだけ売上が増加しているかを見るものです。
当期の売上高を前期の売上高で割って、マイナス1した値(%)になります。
プラスになっていれば増加していますし、マイナスであれば減少になります。
この指標は「売上持続性」を図るものとして活用します。
その会社の稼ぐ力の伸びを表します。

当然ながらプラスの方が良く、また数値が大きい方が良いわけですね。

関連記事

新着案内

  1. みなさんこんにちは。V-Spiritsグループ 中小企業診断士の三浦です。
  2. みなさんこんにちは。V-Spiritsの三浦です。
  3. みなさんこんにちは。V-Spiritsグループ 中小企業診断士の三浦です。
  4. みなさんこんにちは。V-Spiritsグループ 中小企業診断士の三浦です。
  5. みなさんこんにちは。V-Spiritsグループ、中小企業診断士の三浦です。